魚釣り記2


〇〇の夕暮れが綺麗だといいな
〇〇に入る言葉は?
 
過去の釣行記(2009年)
   過去の釣行記(2010年)  過去の釣行記(2011年)  過去の釣行記(2012年) 過去の釣行記(2013年) 
過去の釣行記(2014年)   過去の釣行記(2015年)  過去の釣行記(2016年)  過去の釣行記(2017年)   過去の釣行記(2018年)

過去の釣行記(2019年)
 


2020年の釣行



2020年1月4日(土)
三浦半島 城ケ島 長津呂の磯


※初釣り
正月休みの暇を持て余しての釣行であります。
ここの所城ケ島釣行が続いているのでたまには別の場所でと思い久々の諸磯へと向かうも現地に着いてみると主な場所にはずらりと釣り人が並んでいる。仕方なく取って返していつもの城ケ島、なんとか型を見られて初釣りボウズ回避であります。
皆さん今年もよろしくお願い致します。

※1月17日加筆
下2枚の写真は房総の釣友Dさんの初釣りです。
浅場で根に囲まれた場所ゆえの大型バラシも多発する面白い場所だそうです、今度私も誘って下さいね。


2020年1月25日(土)
三浦半島 城ケ島 四畳半&長津呂湾の磯

※OVER 40
今回は久しぶりにお会いできたTさんも I さんとご一緒に気合入れまくりの参戦であります。お二人は早朝3時ごろから城ケ島の超一級磯(四畳半)へと入磯。実際メジナのハイシーズンに滅茶苦茶競争率が高いこの場所、土曜日に入ろうと思ったら相当な寒さと暗い中を睡魔に耐えながらの長距離行軍する”八甲田山”的な覚悟がなければ到底無理なのであります。
一方遅れて到着した私に”釣り座空けてありますよ!”と悪魔の或いは天使の誘惑。この先私がここに入れる事はもう無いだろうな~最後のチャンス!とも思ったけれど、やっぱり最近股関節を痛めた私は、お二人にかけるご迷惑も想像できるし、自身の体力を考えてもやっぱり無理と結論したのであります。近場の長津呂湾内で竿出しであります。I さんTさんお疲れ様~。そして♬ありがとうございました(^^♪。


 全体に満潮でも1ヒロから1ヒロ半の水深しかありません

 メジナの産卵はまだ始まっていない様子

 Dさんの雄姿
2020年2月8日(土)
房総半島 南房総 無名磯
 


※あっぱれDさん無名磯開拓!
今は亡き海悠出版の「房総半島地磯パーフェクトガイド」によると、「イケバ大島から神社下にかけては低い磯が連なり釣り座が取れる場所も無くには無いが、さしたる実績は無い」と書かれているまさにその場所であります。1年半前から同所にコマセを入れ続け3度目には大釣り、その後も口太を主体に尾長まじりで釣れ続いているとの事であります。
写真左上は私の釣り座、右はDさんの釣り座、過去に大釣りをしたのは右のポイントで沖の根の間で全く相手にして貰えない超大型魚も含めて何度も良い思いをしたとの事であります。今まで他の人が入っているのを見た事が無いし、海苔か天草採りの地元の方にも「こんな浅瀬じゃフグしかいないじゃろう」なんて言われたこともあるという本当に浅い場所であります。
波と風が強いのでBの浮きにタナ1ヒロで始めるも対岸のサラシに道糸を巻かれて浮きロスト、それではと3Bで重めにナマリを打って止め釣りをするも今度は海底に根がかり、試行錯誤の末最後は0浮きで1ヒロ弱の仕掛けを対岸の根を超えてくるサラシの潜り込みで止めて待つという釣り方がはまって連釣。33㎝から37㎝まで口太4匹、Dさんも4匹であります。綺麗な夕日を眺めながら大満足で納竿、Dさん良い場所開拓
Good job!
帰りにラーメン屋で釣り談義、Dさんとは2018年の3月のイケバ大島以来のご一緒で、いつも奥様が私の分までお弁当を作ってくれます。本当に感謝、感謝であります。


奥様は海タナゴ2匹釣られて護岸全体の竿頭です、多分
2020年2月24日(祝)
三浦半島 城ケ島 護岸

※素敵なご夫婦
メジナハイシーズンの三連休、一日ぐらいは釣りに出ようと思っていたのだが22~23日は春一番の強風のために出かけられず、やっと最終日に出漁であります。しかしコロナの影響か都内はガラガラなのに郊外は渋滞がひどく、午前9時半に出発したものの現地到着は午後になってしまい、これから磯に行っても釣り場所は無いかと思い、ゆっくり三海荘で食事をしてから護岸へと向かったのです。しかし「これだけアタリが無いのも珍しい」というぐらいの状況で、完全ボウズをくらってしまったのですが・・・お隣のご夫婦としばし歓談をさせて戴くとなんと職場がご近所、お茶やコーヒーまでご馳走になってしまい楽しい時間を過ごさせて頂いたのであります。すぐに友達になれる、釣りって本当に良い趣味ですなあ~。お世話様でした、ご馳走様でした、ありがとうございました。


ここの場所の釣り座(5箇所)は満員です

 
食いが立ったのはほんの一時だけでした(Dさん談)お見事!
※伊豆へ行ったIさんからはこちらはまだ餌取り地獄との報告
2020年3月7日(土)
三浦半島 城ケ島 シシッパナ

※Dさん三浦へ遠征です
前々回は私がDさんの地元房総へ、今回は私の行きつけの城ケ島へ来て頂きました。午後から釣行なので入って貰える釣り場がないかと心配しましたが、運よくシシッパナの左奥が空いていました。私は中央で釣っていた方が帰るとの事で、私の為にすぐに道具をかたずけてくれたのです。何だか急がせてしまったようで申し訳ありません。また、お心使い本当にありがとうございました。
釣果の方は水温が下がったせい(腕のせい?)もあり前回に続き餌取りの1回も無いという完全坊主でしたが、Dさんが殊勲の1匹(36.5㎝)を仕留めてなんとかホストの務めは果たせたかも。帰りはいつもの三海荘で反省会、三浦は水温が15度を切ると魚はなかなか口を使ってくれません。そんなときのキーワードは、水深・潮裏・根際という3要素、というのが私の持論ですが、はたしてそんな感じの一日ではありました。それにしてもこれで2連敗、次回はなんとしても3連敗阻止といきたいところであります( ノД`)シクシク…。



市販消臭剤の空きボトルで取り敢えず10本製作
2020年4月
釣りも自粛か?

「ウイルスバスター・コロナレス」
(自作・非売品
複合安定型二酸化塩素を仕入れて、コロナ対策のスプレーを製作しました。二酸化塩素は菌やウイルスに効果があるとの報告も多数あり、実際に業務用として広く使われているようです。
ここ1ヶ月
釣りを自粛しているがそろそろ我慢の限界か?と思っていたところに政府の緊急事態宣言、東京都からも外出自粛要請が出てしまった。
磯は一人で行けば他人との接触はほとんど無いし、屋外で空気も良いし、軽い運動にもなるし全く健康的なのでは? とは思うんだけど・・・・ネエ~